さよならのっぽ。
さよならエヌビーのパン。
おいしい思い出をありがとう。

「さよならのっぽの会」は終了しました。

おそらく40名を超える参加、ありがとうございました。
(07/07/31 21:30)


●のっぽ最後の出荷へ
2007年7月31日 
沼津市今沢の本社工場前

午前10時前 既に何人かがその時を待っていました
エヌビーエスの正門。
緑青のふいたプレートが、歴史を感じさせます。
構内奥で次々とエンジン音。
最後の出荷のトラックが正門を出ます。
次々とトラックが出て行きます。
この見慣れた風景も、明日からは見られないんですね。
トラックの運転手さん。
心なしか長めに一旦停止して、写真を撮らせてくれました。
工場の外にあるパンのアウトレットも本日が最後。

よく社員の方や近所の方が買い物をしていました。
●さよならのっぽの会
午後6時。
既にたくさんの人が集まっていました。
皆さん、思い思いのお別れグッズを用意してきていました。
ピンクのTシャツの方は自作のキリンTシャツでした。
パネルと一緒に記念撮影
パネルは2004年11月作成。
2005年の工場見学にも登場。

記念撮影には欠かせません。
かわいいのっぽ衣装のお子さんに人気が集中です。

頭にはキリン冠が。
かわりばんこにパネルと記念撮影
みんなで記念撮影。

横断幕の文字は「さよなら、のっぽ。おいしい思い出をありがとう。」
のっぽT組で記念撮影。
こういう機会がもっとあったら良かった・・・
みんな名残惜しいのか
記念撮影の後もなかなかその場を離れませんでした。

このあと、最後ののっぽ探しへ。
●夕日に映えるのっぽのふるさと 最後の日の工場

夕暮れ迫るエヌビー前

おなじみのエヌビーマークが見守っている

ここから無数ののっぽが旅立った。

残してくれたのは、のっぽだけでなく
いくつものおいしい思い出。

ありがとう、お疲れ様でした。

□さよならのっぽの会実施のお知らせ(企画概要)


ブラウザから閉じてください・・・